どこの会社にも必ずといって良いほど、嫌われている上司、対応に困る上司など、苦手なタイプの人がいると思います。これが、違う部署であったり、後輩であったりしてくれれば、それほど関わらなかったり、気を使わなくても良かったりするのでしょうが。直属の上司であった場合は、そういうわけには行かなくなります。

ではその時に、そういった上司とどのように付き合っていけばよいのか。避ける事が出来ない以上、いくら嫌とは思いつつも、素直に対応するしかないのが実情だとはわかっているのですが、若気の至りなのか、人間が出来ていないのか、ムッとするような一言をいわれると、思わず顔に出してしまったり、一言言い返してしまったり、ということをしてしまいます。

そうすると、その後しばらくの間、上司との間がギクシャクしてしまい、決済を仰がないといけない仕事が出たりすると、たちまち仕事が行き詰ってしまいます。素直に謝ってしまって、嫌味の一つ二つを我慢すれば、それで解決する場合が殆どなのですが、納得できない事に対して素直に謝る気になれないので、再び行き詰ってしまいます。そんな場合にとる、最終手段として、苦手な上司を得意としている同僚に、それとなく仲裁を依頼し、上司に対して部下に対して、へそを曲げたような態度をとっていると、周りから器が小さいと思われますよ、といった類の話をしてもらいます。

すると、上司の側から、今回は言いすぎた部分もあったから、水に流すが、次からは言われた事には、素直に対応するようにと言う小言があるていどで元に戻る事ができます。こんな事を繰り返していますので、上司からは、今一扱いにくい部下として、写っているだろうという自覚はありますが、ここまでくればしめたもので、扱いにくい相手になるとあまり無理難題を言ってこなくなります。こんな対応がよいのかどうか自分でも疑問ですが、不利にはたらく事が今のところ無いので、良いのではないかと開き直って対応しています。もっとも自分に部下が出来た際に、こんな対応をしてくる部下がいると、何ともやりにくいだろうなという事も、想像できますが、そのうち因果応報で報いを受けるのかもしれません。