私が新婚旅行先に選んだのはギリシャ。ヨーロッパの1か国ですが、地理的に中東にも近いのでザ・ヨーロッパという感じではなく、エキゾチックな雰囲気も感じられてた興味深い良い旅行先でした。ただ、私たちの場合、カップル時代にすでにアジアンリゾートやハワイ、さらにはイタリアやスペインなど欧州諸国に行ったことがあったため、新婚旅行先としてはちょっと珍しいギリシャという選択ができました。

仙台 結婚式場

もちろんギリシャも世界遺産が多く、地中海に面しているため、リゾート気分も満載で新婚旅行にもお勧めできます。ただ、せっかくの長期のハネムーン。もしヨーロッパに一度も行ったことがないならば、フランスやイタリアの雰囲気に触れるのも良いかもしれません。そんな希望を反映して最近のハネムーンの行き先ランキングNo.1はイタリア。その次はモルジブ、ハワイ、タヒチ、ドバイなどと続きます。ランキング10位まではヨーロッパと南の島のリゾートが占めている状態。やはり皆さん考えることは同じという訳ですよね。ゆっくり観光がしたい、ゆっくりと2人だけの時間をリゾートで過ごしたい…。せっかくの新婚旅行ですから、わかりやすいプランの方がストレスレスに満喫することが出来ますよ。

大きな建物(特定建築物)について/札幌市

ただ、せっかくの長期休暇ということで地球の反対側まで足を伸ばすカップルも中には居るとか。強い希望がある場合は、もちろんこの機会に叶えたほうがいいですよね。このように、最近のハネムーン先のトレンドは海外旅行ですが、実は国内旅行も依然として人気があるんです。どちらかが外国出身のパートナーであるとか、飛行機が苦手だとか、日本語が通じる場所でおもいっきり羽を伸ばしたいなどの理由で国内旅行選択する人も多いんですよ。国内なら例え飛行機に乗る必要があっても、短い時間ですみますもんね。国内ハネムーン先の人気ランキングの一位は沖縄。

建築物衛生/特定建築物の届出 - 埼玉県ホームページ

やはり南の島でゆっくりできる暖かい気候が新婚さんには好まれるのでしょう。それに、島ごとにかなり雰囲気の異なる離島は長期滞在でも飽きることなく楽しませてくれるようです。その他、世界遺産である屋久島や小笠原諸島、京都、北海道が人気。ただ、この中で注意が必要なのが小笠原諸島です。例え長期のハネムーン日程が確保できても、島に滞在できるのは2泊3日と決まっているので他のプランを合わせて考える必要がありそう。ただ、どこに行くにしても新婚の2人ならきっと、最高の思い出が作れるでしょう。