人間の死にまつわる慣習はさまざまな様式があります。遺体の処理に際して行われる儀礼や、墓制度、あるいは遺体処理の方法を含め、多くは宗教的な儀礼となっている場合がほとんどです。そうした慣習の主要部分である葬儀に関し、日本の状況を簡単に見ていこうと思います。

メールマガジン「自然災害情報の収集・発信の現場から」第28号 - 防災科研自然災害情報室

葬儀は人間の死を弔うために行われる祭儀であり、故人はもとより遺族感情に配慮した意味合いが非常に強いと言われています。物理的な観点から言えば、死んだ人間はどんな扱いを受けようと何も感じないわけですが、遺族の持つ宗教的認識や死生観が働くことで、葬儀を行うことが重要になってくるとも言えるでしょう。

トピックス総一覧

日本の葬儀の多くは仏式です。現代社会で自分が仏教徒であると強く認識している人は、それが若い世代であるほど低くなる傾向がありますが、いざ誰かが死んだとなると、行われる葬儀は仏式である場合がほとんどということです。つまり故人が神道やキリスト教徒でなく、特別なこだわりがない限りにおいて、日本の葬儀は仏式で行われると考えても良いでしょう。

引用元:石巻 葬儀

宗派によってもかなりの違いがありますが、死後遺体が丁重に拭き清められ、納棺されたのち、夜通し遺族らによって遺体を守る習わしであるとされる通夜を行い、翌日、僧侶主導による葬儀が行われ、実際に遺体を葬送するために喪主が主導で行われる告別式があり、最終的には特別な施設で火葬されるというのが一般的な流れでしょうか。もちろん、告別式と火葬の順番は入れ代わることもあり、あるいは喪服の着用に関してもかなりの差があることから、一概にこれが決まりというものでも無いようです。
しかし形式的には仏式であったとしても、友引を忌避する点や、宗派を無視した振り塩の奨励、あるいはキリスト教的天国観を漠然とイメージするなど、形式と内実には大きな乖離があり、ある意味で不思議な宗教観の葬儀が行われているとも言えるでしょう。

多くの日本人の宗教観は独特で、クリスマスをお祝いする一方で正月やお盆の習慣をもつなど、あらゆる宗教観をある意味で無節操に取り入れているとも言われます。これが宗教に対して寛容であるとする見方もありますが、実際には個々人の一貫性のない宗教観が押し付け合いになることがあるように、そこには独善性が見て取れます。
日本の葬儀が仏式でありながら、神道の習慣やキリスト教的感覚でいられるのは、ひとえにこうした国民性が如実に反映しているせいかも知れません。