よく「戸建派」と「賃貸派」なんていいます。

私は・・・、そう、何とも言えないのですけれど、
どちらかというと「賃貸派」なんじゃないでしょうか。

では賃貸(アパート・マンション)とマイホームではどちらが得なんでしょうね?



賃貸(アパート・マンション)のメリット
○住み替えが自由。つまり自分のライフスタイルに合わせることが出来ます。
○固定資産税などの支払いもないし、住宅に関する修繕も大家さんがやってくれる。

定期借地権付土地制度について | 鳥取県住宅供給公社

賃貸(アパート・マンション)のデメリット
●やはり毎月の家賃ですね。いくら払っていっても一生自分のものにはならないということです。
これは長い目で見た時には確かに一理あると思います。
●賃貸契約の更新手続きが面倒。
●自分勝手に、自分のライフスタイルに合わせて部屋の模様替えや増改築が出来ない。
まあ出来なくもないですが、退居するときに元通りにしなければなりません。

借地権 | 公表裁決事例等の紹介 | 国税不服審判所

戸建マイホームのメリット
○何といっても家が自分のものになること。つまり自分の資産ができるのです。
○自分に合わせた住まいづくりができまる(間取り・外観・内装など)、
さらに将来の自分のライフスタイルに合わせて増改築などは自由自在。
○「すべて自分のもの」と言った気分的な満足度が高い。

戸建マイホームのデメリット
●住み替えができない1.
転勤があった場合や、住宅周辺の環境が変化したからといって、
賃貸(アパート・マンション)のように住み替えが出来ない。
●住み替えができない2.
問題はローンの支払いです。給料に変化があった場合ですが、
そのような時は、毎月の返済額は固定なので、そうそう変えることが出来ないため、
賃貸(アパート・マンション)のように、今より安い場所に手軽に引っ越すというようなことが出来ないのです。
●固定資産税・メンテナンス費用といった余分な費用がかかる。
●最初に購入資金がかかる。

マイホームを持つということは、多額の借金をするということなので、
景気低迷の現在は不安要素も高くなってきますね。
一生かけて借金の返済をするのもイヤだ、という考えもあります。

何といっても、賃貸(アパート・マンション)暮らしは精神的に楽だというものがありますね。
戸建住宅にせよマンションにせよ購入となると、高い買い物ですから、
かなりの心構えと調査が必要になって来るのです。

不動産には素人の人間がそこら辺のところをクリアしていくには、ハードルが沢山あると思いますね。

賃貸と言うとセキュリティや自然災害時の対応がちょっと・・・、と思われるかもしれませんが、
最近は賃貸マンションの場合、かなり充実したものがあるようなんです。

また「設備が充実している割に安い」という評判の「分譲賃貸」という選択肢もありますね。

色々と賃貸生活に関したメリット・デメリットを述べてきましたが、
いまの私にとっては賃貸生活は結構快適で、気楽な部分もあるので、
結果的に満足してるかな、という感じですね。