私は大家族です。3世帯が一緒に暮らすため、家の中には私の夫婦家族5人、父親の夫婦とその兄弟で4人、さらに祖父母の二人が住んでいるため、11人が同じ屋根の下で暮らしているのです。しかし、とても仲睦まじく、夕食や朝食はできるだけ全員で摂るようにし、何かあったら助け合う心をみなが持っています。この家庭に私はなんの不満もありません。不満があるのは家、つまり建物の構造です。



そう、私の住む家は3階建てなのですが、トイレがひとつしかないのです。普通の家庭であればトイレは1つで十分でしょう。しかし、11人家族ともなると、毎日朝の壮絶なトイレ合戦が繰り広げられることとなり、早く入ったもんがちのルールでは、年老いた祖父母にとってはあまりにも過酷な環境です。そして最近、そんな我家のトイレの様子がおかしいのです。流れが悪いというか、すぐに流れていかないし、タンクの水のたまり具合も悪いのです。

徳島市 【 トイレつまり 水漏れ トイレ修理 水道修理 】 水の救急車

ただでさえ効率が悪いのにさらに輪をかけている状態です。もし、今日にでもトイレがつまったら一体どうなってしまうのか、考えただけでも恐ろしいもですが、そんなことを危惧しているのは私だけのように思えてならないのです。みな、トイレのことを甘く見過ぎだと思います。私はちょっとした出先や旅行先でも必ず最初にトイレのチェックをします。

トイレつまり修理なら HLS水道サービスまで

もともと人に比べてお腹が緩いということもありますが、山奥の温泉に行っても、部屋にトイレがあることはもちろん、ウォシュレットの有無を含めて、念入りに調べます。だから、神様お願いします。ウチのトイレを詰まらせないで下さい。気になって夜も眠れません。