皆さんは、街中で、ごぼうの臭いやネギの臭いなどが汗の臭いと一緒になり、異臭となって臭ってくることはないだろうか。この臭いは腋臭症、いわゆる「ワキガ」の臭いである。しかし、上記の表現は、「ワキガ」の臭いの表現を表すために作られた表現であるため、上記とは、異なる臭いもある。では、この皆さんが嫌う「ワキガ」とは、どのようなものなのであるか、ご存知だろうか。

ワキガ(わきが)、多汗症治療 聖心美容外科。

 腋臭症、通称「ワキガ」は、皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が原因で、特有の嫌な臭い発する人体形質である。人間は通常、汗をかくときは、エクリン腺と呼ばれる部分から汗をかくようになっている。みなさんは、「ワキガ」は脇からの汗で、その汗が独特の臭いを発すると思っている方も多くのではないだろうか。しかし、「ワキガ」は、脇だけではなく、性器や乳輪からも独特の臭いを発することもあるのだ。アポクリン腺などの分泌腺は体のほぼ全部にあり、さらに、このアポクリン腺は濃く太い毛が生えている場所に多くあるため、上記のような場所からも臭いを発するのである。さらに、腋臭症患者というものは、自分のその臭いに過敏に気にする人もおり、精神的に追い込まれてしまうと、うつ病になってしまうこともあるため、接するためには、慎重にしなくてはならない。

ココがワキガ 仙台

 実は、このアポクリン腺から出る汗の臭いというものは、ほぼ無臭である。しかし、このアポクリン腺から出てきた汗が、エクリン腺からでた汗や脂肪分などの物質と混ざり、さらに、皮膚や毛などの細菌の働きにより分解されると、あのような嫌な臭いのする物質が作られるのである。

わきが(腋臭症)手術,剪除法、皮弁法のすべて - YouTube

 「ワキガ」を防ぐ方法としては、細菌を殺菌すると良いのである。簡単は方法としては、アルコール消毒である。市販の消毒液を脇などの臭いのする部分にすると、細菌は殺菌され、臭いの物質は作られなくなる。女性は、毛の処理をしなくてはならないが、脇毛というものは処理をすればするほど濃く太くなるものである。上記のとおり、濃く太い毛のある場所にはアポクリン腺が発達する。ゆえに、処理すればするほどアポクリン腺は発達してくということになるのだ。アポクリン腺を増やさない方法というものはないが、脇毛など、毛の処理をした後に、必ず、市販の消毒液で消毒すると細菌は殺菌され、臭いの物質は作られなくなる。ただし、これは、防止である。本当に悩んでいる方は、本格的な治療をお勧めする。